動線を考えよう | 働きやすい環境を考えたオフィスレイアウトにしよう

働きやすい環境を考えたオフィスレイアウトにしよう

オフィス

動線を考えよう

オフィスレイアウトを考える際には、社員が働きやすいと感じる環境は何かということをしっかり考えた上で、設計を行なうことが大切です。
作業効率を上げたいと考えているのであれば、特に動線を意識するようにすることが大切です。
動線を意識するということはどういうことなのかというと、動きやすいという点がポイントになります。
動きやすさを考えることによって、仕事中に作業が滞ってしまうということがありません。
では、その動線を考える際には、どのようなパターンがあるのかということを考えてみましょう。
動きやすさを意識するのであれば、空感を広く取るということが重要なポイントになります。
広々とした空感を目指すオフィスレイアウトにすることによって、誰もが簡単に移動することができるようになります。
オフィスレイアウトを考える際には、このように作業をスムーズに行なうことができる空感を目指すようにすることが大切です。

動線の取りやすさを考えるのであれば空感の広さが重要なポイントになるということなのですが、この場合特に入り口などが重要な部分になってきます。
入り口は多くの人が行き交う場所となっているので、人同士がぶつかることのないように、大きめに設計すると良いでしょう。
また、広い入口からオフィスに入ることによって、オフィスの空感もかなり広く見えます。
オフィスレイアウトで動線を意識するのであれば、このように空感を広く取るということを考えるようにすることが大切です。